読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mosablog

2018年MBA留学を目指します(1年前倒し!)

TOEFLの罠 Speakingが採点されない件

先日3/11にTOEFLを受験し、いよいよ決着をつけるつもりでした。

Speakingもかなり良い具合だったし。

TOEFL後は勉強意欲が落ち、連日マイページにログインして結果を待っていましたが・・・

結果発表の予定日にも結果が出ず、その翌日にまさかETSからメールが来て

 

「Speakingがうまく聞けなかったからスコアは出せないわ。Voucherやるから勘弁してね」

とか

 

・・・

 

ぉぃぉぃ草も生えないわああああああああああ

 

しかもVoucherがETSのOrder scoreのところにあるとか言うくせに無かったので、

WTF?的なメールを返しつつ、国内の窓口にも問い合わせてみました。

すると

「VoucherかRefundか選んでいただくようで、まだその段階のためVoucherが発行されていません。メールに返信してどちらが良いかお伝え頂ければますでしょうか」

と丁寧に回答頂きました。

TOEFL reading 29/30の自分としては

A payment voucher has been issued to allow you to retest free of charge.

というメールの文面からすでにVoucherが発行されていたと思い込んだのですが・・・。

ちなみにその後のメールでは、これはInternal processing systemで起こったことで、test centerで起こったことではない、とか言っていました。

Refundは10日ぐらいかかるから待て、と。

 

というわけでまた4/1にTOEFL受験予定です。

4/15の予約も入れておきました・・・

 

 

結論としては、マイクとかOKでもうまくspeakingが録音されずスコアが出ないこともあります、ということです。

いっそIELTSにしようかな・・・