mosablog

US-MBA留学を目指す、ただの医者です

私費にとって大事な学費の話

あけましておめでとうございます。

1stで受かったので、優雅な年末年始を過ごしております。仲間で2ndに向けて頑張っている人も、essayを量産して10校近く出すとか言ってました。

 

そして実は・・・伊藤財団の奨学金も選考されました!

30歳以上で応募する場合はわざわざ「今行く理由」を述べなきゃいけないように基本的には若者向けの奨学金なのですが、32歳で選考いただき本当に感謝です。

もちろん金銭的にもですが、精神的にすごいです。本当に、何か世界に貢献しないと、と思います。

 

さて、前回3校に受かった、と言いましたが、もう1校Washingon University (Olin)にも合格したので、4校から進学先を検討することになりました。

今回のタイトルにあるように、まず数値化しやすい学費をリストしました。

今後私費留学する方も、どんなイメージなのか見て頂ければと思います。

直近のランキングも併記しました。

ランキングなんて毎年変わるので参考にするまでもないですが・・・

 

    tuition/year
(w/o scholarship)
total budget/y with ITO/y US news
(US only)
Bloomberg
Businessweek
Economist Forbes
(US only)
FT Fortuna QS
Northwestern-Kellogg Evanston, IL
シカゴ近く
68955 100217 49000 4 8 1 4 12 5 14
UC Berkeley-Haas Berkeley, CA
サンフランシスコ近く
59812 91744 40500 7 11 7 9 13 8 11
U Michigan-Ross
(Half scholarship)
Ann Arbor, MI
5大湖の真ん中、デトロイトの近く
37300
(67300)
61036
(91036)
9764 11 12 12 12 23 12 15
Washington U-Olin
(Full scholarship)
St.Louis, MO
シカゴの南西
0
(57900)
28561
(86461)
4561 21 36 30 35 68 30

82

(As of Dec 20。US news・QSは2018、あとは2017。Tuition学費、生活費込のBudgetの出典は学校ホームページ、基本単身者の予算と思われる)

ランキングについては熊さんのブログが詳しい。

 

ここで私費留学を検討している人に言いたいのは、大学側からScholarshipを貰えばかなり現実的な出費になる、ということです。

現在、ドルが113円なので、Michiganの場合Half tuition scholarshipを貰えば学費+生活費で700万弱、WashingtonでFull $$なら330万ぐらい年にかかります。全額自腹でKelloggに行くと1132万/年です。

伊藤奨学金が学費・生活費をカバーしてくれれば、Michiganは110万/年、Washingtonは52万/年ぐらい。ここは日本の国立大か・・・?というか日本で生きていくだけでも家賃+生活費で200万/年ぐらい余裕でかかりませんか・・・?

もちろんロスという観点で言えば行かない場合と比べると2年間の収入もロスされますが。

さて+1000万してKelloggやHaasにいくか、Michiganにするか・・・

 

今までどこもcampus visitしていないので、1月中にすることも検討中です。