mosablog

US-MBA留学を目指す、ただの医者です

Ross アラムナイインタビュー

今度はRossのアラムナイインタビューをしてきました。

何故か東京会場が無く、見逃していないとは思うのですが、ソウルまで1泊で飛んできました!

ソウルの明洞エリアのアラムナイのオフィスでインタビュー。

 

しかしInterviewerからは着いたらcallしてくれ、と言われたのですが、海外行き慣れていないせいで、スマホの設定に失敗したのか発信できず。

格安スマホに変えたばっかり(しかもiPhoneAndroidに乗り換え)だったのが敗因。

Receptionに電話してもらったりメールしたり、少し右往左往しました。

海外でinterviewerに電話する必要がある人は、まず試しにどっか観光センターかなんかに電話をかける練習をしておきましょう・・・

 

インタビュー自体は終始良い雰囲気で終了。

はじめにToday's interview will not be like a evaluative thing, but rather an informal, casual thing. みたいな感じで気さくに行きましょうと言われ、

満面の笑みであちらの自己紹介から始まりました。

WhartonやColumbiaも検討したが、Ross chose meとのこと。

いかにもな”Why MBA?" "Leadership experience"といった王道質問はなく、終始resumeを見ながら質問していく感じでした。

そしてすごく上手にRossをadvocateしていました。

韓国にまで来た甲斐があったし、Rossに対して非常によい印象をこちらも得て、帰国することができました。

 

ちなみにgroup discussionもoptionalであるのですが、Vinceに「行きません」と言ったら"Interesting...(・ω・)・・・"と言われました。

 

ソウル宿泊の夜には、VinceとWhartonのHealth Care Management対策のセッションを1回。何気に初個人Vince。

そこまで突っ込まれることは無かったが、唯一にして最大のポイントとして、Wharton HCMがどういうカリキュラムなのか理解していない、ということに気づいてしまった・・・さてはて・・・