mosablog

US-MBA留学を目指す、ただの医者です

Wharton TBD練習に打ちのめされる

WhartonのTBD(Team Based Discussion)の練習を始めましたが、今更世界の壁を感じました。

GMATclubでのWharton class of 2020スレッドを見てると、インタビュー発表の後から、Mock TBDをやらないか、みたいな投稿が見られるようになりました。

そこで勇気を出してそこの人とつながって(Private Messageのやりとりなど)、skypeでMock interviewをすることにしました。

正直エンジンがかからずあまり準備しない状態で挑んだら、完全に玉砕しました。

自分含め5人の練習で、フィリピン人、セルビア人、ベトナム人、あとギリシャ?の人。

はじめに1分ずつお題に対する自分の意見を言っていったが、みんながstructureから美しいスピーチをする一方、自分だけグダグダのトーク。周りのリアクションも悪く、多分理解されなかったかな・・・

そしてチームディスカッション中も、周りに迎合するだけで発言回数も少なく、一度わざわざ降ってもらったのに「I think ... that's good」とかいうヤバイ英語しか出てこなかった(語彙力)・・・

終始ニコニコして1時間終えたが、自分の努力の浅さに惨めな気分になった・・・

オンライン英会話ではいつも先生たちが優しいので、慢心していた・・・

完全にニコニコしてて何も発言しない日本人に成り下がっていた。

インタビュー練習も日本人の友達とやっていたが、これではまだまだだ。

 

というわけで、皆さんにもGMAT clubなどを通じて外国人の人と練習することをおすすめします。

あせる。