mosablog

US-MBA留学を目指す、ただの医者です

Michigan日程調整

今日のLesson learnedは、

・Michiganのインタビュー予約は、複数打診することも考慮すべし

・(追記)打診する際に、最初からこちらのメアドなどコンタクトを入れるとスムーズ

・韓国行くならインチョン空港より金浦空港のほうがソウル市内に近い

・1stにインタビュー呼んでもらえそうなところを複数出しておけば、よい練習になるかも

です。

 

MichiganのInterviewの日程調整が微妙に難航しました。

この手のインタビューを予約するやつ、結構速攻で埋まる、と聞いていたので警戒はしていたが、Whartonの日程も鑑みて調整するため、10/31即日ではなくて11/1のWhartonを見てから予約することにしました。

最寄りの場所は韓国なので韓国に行くつもりで検索、予約用サイトでは1日経過しただけではほとんど韓国の日程は空いたままでおり、安心して希望の日程をクリック。

すると先方にメッセージを送る画面になり、時間の調整を行う。

返事は2-3営業日待て、と言われてたので流暢に待っていたが、3日経っても来ず。

催促メッセージを送りつつ、慌てて他の枠を確認してみると、11/3の時点ではかなり埋まっていた。

韓国も日程が限られてきていたし、skypeインタビューの枠は0になっていた。

どこでもインタビューできないor遠方までフライト、とビビっていたが、結局本日11/5に先方より返事あり、おそらく行けそう。細かいlogisticsについて、質問を返しているところ。

たぶんレスを見る感じだと、このメッセージシステムはアラムナイに直接届く感じである。

そしてGMATclubの投稿を見てると、スケジュール調整のリクエストは複数個出せそう。1つしか打診しなかったが、そうすればよかったかも。

 

夕方のインタビューなので、日帰りはムリで、1泊することにしました。

仕事で会った韓国の方に聞いて、インチョン(仁川)空港は大きすぎる(ので入国審査に時間がかかる)しソウル市内から遠いので、もっと小さくて近いキンポ(金浦)空港が良いと聞き、ケチりたいところだが金をかけて羽田-金浦の往復で購入。

国際線は慣れていないので無駄に時間がかかる・・・

しかも帰国日の深夜にWhartonのHCMのインタビューもセットされたので、体力温存できるコースにしないといけない。

体力配分に気を使うな・・・

でも1stでたくさん出したおかげか、たまたまInterviewも複数得られたので、リズムに乗ってできるのはよさそう。

 

(追記)ミシガンのアラムナイから連絡あり、メアドとか教えてくれと。

確かにアップロードしたレジュメには載っていたが、最初から伝えておくべきだった。

Webシステム越しのコミュニケーションだとスムーズでない。