mosablog

US-MBA留学を目指す、ただの医者です

10月上旬の経過

更新滞っており、すみません。status updateです。

結局1stは8つ出しました!

Stanford, UC Berkeley-Haas MBA/MPH, Harvard, Wharton, Kellogg, Columbia (regular), Michigan, Olin (Washington)

最後は推薦状不要だからdeadline当日に出した感じでグダグダですが、それ以外は全部本気です!

これ落ちたら、2ndはYale MBA/MPH, Johns Hopkins MBA/MPH, MITあたりですかね…

各校アラムナイor在校生に1人ずつ会いました(Whatonのみ2人、Olinは0)

 

そして早速HBSのinterview invitationの発表がありました!

各校の中で最速です。clearadmitのchatroomも盛り上がってました。

HBSは10/2と10/5 の2回に分けて発表します。

10/2はinvitation有りの人のみ、10/5は全員にinvite or waitlist or rejectの連絡。

当初はオンラインの自分のアカウントのところに、現地のnoonに発表される予定でしたが、結局1時間遅れでメールで通った人のみ連絡が来たらしい。

(メールを受け取っていないので、clearadmitのchatroom情報)

夜2時まで妻と起きてましたが諦めて寝ました。

(受かったらすぐにinterviewの予約を入れないと埋まってしまうという情報もあったため)

 

10/5は全員に連絡の日。ここで生死が分かれます。

また夜1時まで起きてましたが、今回はオンラインアカウントのところで予定通り発表。

clearadmitでキタゾーという報告とともに、自分のアカウントを覗くと、

I'm sorryの文字が…

waitlistでもなく普通にgoodbyeでした。

ちなみに英語でdingedと言います。今回chatroomで覚えました。

 

第一志望でなかったし、正直HBSなので仕方ないのですが、(´・ω・`)となりましたね…

 

というわけで緊張感も失われ、インタビュー対策がとてもおろそかになって来ました。

気を引き締めないと!